ImageFlower_コエンザイムQ10

私がコエンザイムQ10をおすすめするのには理由があります

josei

私がコエンザイムQ10を初めて知ったのは、医師の勧めがあったからです。
私は、以前よりコレステロールや中性脂肪の値が高く、食事に気を配るなどして対応していましたが、人間ドックで血液検査をするといつも数値が高く、どんなに頑張っても一向に正常値になってくれませんでした。
様子をみましょうと言ってくれていた医師も、投薬治療をする事を勧めてくれました。
薬を飲む事に抵抗がありましたが、このままコレステロールや中性脂肪の値が高いままだと動脈硬化など色々な成人病を引き起こす誘引になってしまうので、今のうちから適切な治療をしておく事が重要だと考えたので、投薬治療をする事に決めました。
医師は、私の症状から効果の強い薬よりも、弱い薬から試したいと言う事だったので、一番効果の弱い薬を選んでくれました。
その薬はスタチンと言う薬用成分が配合されているので、体内のコエンザイムQ10の値を減らしてしまう副作用があるとの事で、サプリメントでそれを補う事を勧めてくれたのでした。
そこで初めてコエンザイムと言うサプリメントが存在し、しかもどの人の体内でも合成されているものだと言う事を知ったのでした。
正直言いますと、この事は、本当に驚きでした。


早速、コエンザイムQ10に関して色々調べてみました。
勿論、ドラッグストアや薬局などで簡単に見つける事ができましたが、色々なメーカーから商品が出ており、おすすめの商品を見つける事は、簡単な事ではありませんでした。
なので、インターネットの検索サイトを利用し、口コミの投稿などを参考にしながら選ぶ事にしました。
インターネットには膨大な量のコエンザイムに対する情報があって、化学的な手法で商品を紹介しているメーカーを選び、すぐに購入し、試して見る事にしました。
こちらのサイトにコエンザイムQ10の人気のサプリメントについて載っているようです。
何しろ、コエンザイムQ10に対する知識が何もなかったので、その情報は驚く事ばかりでした。
コエンザイムは今話題のアンチエイジングにも効果があり、疲労の回復を早めてくれるなど、知れば知るほど、興味が増してくるサプリメントだと感じました。
ただ、私の様に、何かの治療を受ける為の薬の副作用を減らす効果を期待するために、飲んでいる人がいる事を医師の説明から知っていたのですが、メーカーの情報はそこまで教えてくれているサイトはなかったので、その事は、少しショックでした。
もし、医師からのお勧めがなかったら、多分、私も知らずにいた事だと思うからです。
でも、それだけコエンザイムは、未知の可能性のあるサプリメントであると言えるのかも知れないと思いました。
そんなコエンザイムQ10の1日の摂取量の目安はこちらのサイトを参考にしてください。