コエンザイムQ10で大人ニキビを予防

大人ニキビを予防するコエンザイムQ10

体内のエネルギー産生効率を高めたり活性酸素を除去するコエンザイムQ10は、美容にも良いことで知られています。その中でもあまり知られていない働きが大人ニキビの予防です。
思春期にできるニキビとは違い、主に肌の乾燥によって作られるのが大人ニキビです。コエンザイムQ10は肌の「ターンオーバー(新陳代謝)」を促し、「繊維芽細胞」を活性化させることで潤いを保ち大人ニキビを予防します。

ターンオーバーの乱れが引き起こす大人ニキビ

表皮で起こるターンオーバー

詳しい情報(クリック)

皮膚は外側から順に表皮、真皮、皮下組織で構成され、表皮はさらに四つの層で構成されています。表皮の最下層である基底層では常に細胞分裂が繰り返され、新しい細胞が生まれています。
基底層で生まれた細胞は、後から生まれた細胞によって上へ上へと押し上げられ、最終的には角質(ケラチン)となり表面の角質層から剥がれ落ちていきます。
この一連のサイクルがターンオーバーです。健康な成人の皮膚では約28日かけてワンサイクルが行われます。

ターンオーバーの乱れが引き起こす大人ニキビ

詳しい情報(クリック)

肌は毛穴から皮脂を分泌することで乾燥を防いでいます。ところが何らかの原因でターンオーバーの周期が乱れると、古くなった角質が表皮に溜まり毛穴を詰まらせてしまいます。
ターンオーバーの乱れによって毛穴が詰まると、皮脂がスムーズに分泌されなくなりニキビができやすくなります。

ターンオーバーを促すコエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10は細胞の小器官であるミトコンドリアの働きを助ける補酵素です。ミトコンドリアではATP(アデノシン3リン酸)というエネルギー源を作り出しています。
コエンザイムQ10によってミトコンドリアが活性化されるとエネルギー産生効率を高めることができます。ミトコンドリア内で作られたATPによって、表皮の基底層では細胞分裂が促されて新しい細胞が作られます。
その結果として、乱れていたターンオーバーの周期が整えられ、大人ニキビの予防に繋がります。

バリア機能の低下が引き起こす大人ニキビ

肌のバリア機能

詳しい情報(クリック)

私たちの肌はバリア機能によって、肌が乾燥して潤いが奪われるのを抑えています。このバリア機能を支えているのが、コラーゲンやエラスチンといった保湿成分を作っている真皮層の繊維芽細胞です。
ところが何らかの原因でバリア機能が低下すると、肌は水分を保つことができなくなり乾燥しやすくなります。

活性酸素の増加がバリア機能を破壊する

詳しい情報(クリック)

加齢によって体内の活性酸素が増えると、血中悪玉コレステロールを酸化させて「過酸化脂質」が作られます。血管内で過酸化脂質が増えると血流が悪化し、やがて血栓が作られます。
このようにして引き起こされるのが「動脈硬化」です。血管は全身の細胞に栄養を届ける重要な役目を担っています。
そして皮膚組織に栄養を供給しているのが真皮層に張り巡らされている毛細血管です。動脈硬化によって毛細血管が詰まると、真皮層に十分な栄養が供給されなくなります。
その結果として、コラーゲンやエラスチンを作る繊維芽細胞の働きが弱くなり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能の低下を防ぐコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は優れた抗酸化物質として働いて、増えすぎた活性酸素を除去してくれます。さらに同じ抗酸化物質であるビタミンEと相性が良く、一緒に働くことで過酸化脂質の生成を抑制します。
その結果として、血流を整えてバリア機能の低下を防ぎ、大人ニキビの予防に繋がります。

またコエンザイムQ10には繊維芽細胞を活性化する働きがあり、コラーゲンやエラスチンといった保湿成分の生成を促してくれます。
ほかにも活性酸素によってコラーゲンが失われるのを防いでくれます。肌が強い紫外線を浴びると活性酸素が作られて、コラーゲンを分解するコラゲナーゼという酵素が活性化します。
コエンザイムQ10はコラゲナーゼの働きを抑えることで、コラーゲンの分解を防ぐことが分かっています。

自律神経の乱れが引き起こす大人ニキビ

交感神経と副交感神経

詳しい情報(クリック)

脳が発した指令は自律神経によって各器官に伝えられます。自律神経には活発に活動する時に優位になる交感神経と、リラックスした時に優位になる副交感神経があります。
私たちはこの二つの自律神経を交互に切り替えることで、さまざまな生理作用をコントロールしています。

大人ニキビを引き起こす自律神経の乱れ

詳しい情報(クリック)

ところが強いストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れなどが原因で自律神経のバランスが乱れると、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに出来なくなります。
交感神経には血管を収縮させる働きがあります。自律神経の乱れによって交感神経が強く働きすぎると、血管の収縮によって血行不良に陥りやすくなります。
血行不良になると全身の栄養状態が悪くなります。そこで私たちの体は栄養の消費を抑えようとし、そのことが原因で肌では水分を十分に保つことができなくなります。こうして肌が乾燥しやすくなり、ニキビができやすくなります。

自律神経の乱れを整えるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10には神経細胞に働きかけることで自律神経のバランスを整える作用が期待できます。さらに優れた疲労回復効果によって自律神経が乱れるのを防いでくれます。
自律神経の乱れが整えられることで、血行不良が改善されて大人ニキビの予防に繋がります。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事