コエンザイムQ10は発酵法と合成法どちらが良いか

発酵法と合成法どちらを選んでも良い

コエンザイムQ10を配合したサプリメントを購入する際に気になるのが製法です。コエンザイムQ10の製法は大きく分けて発酵法と合成法があります。
どちらかを選ぶときに最も気になるのが得られる効果ですが、発酵法と合成法で効果に大きな違いが認められたという研究結果は報告されていません。そのため、発酵法と合成法のどちらを選んでも良いでしょう。

ただし、発酵法と合成法では純度と価格が違います。より高純度のコエンザイムQ10を求めるなら発酵法を、価格を重視するなら合成法がお勧めです。

発酵法で作られるコエンザイムQ10

酵母などの微生物を発酵させて作るコエンザイムQ10

発酵法は酵母などの微生物を発酵させ、蓄積されたコエンザイムQ10を抽出する製法です。合成法と比べて技術的な難易度が高いものの、発酵大国である日本は味噌や醤油などの発酵技術を活かせたため、世界に先駆けて製法が確立されました。
日本の原料製造メーカーの多くで採用している製法です。麹や大腸菌で培養する方法もありますが、多くのメーカーでは酵母を発酵させてコエンザイムQ10を培養しています。

発酵法のメリット

安心安全で副作用のリスクが低い

詳しい情報(クリック)

発酵法は自然界に存在するものと全く同じ構造を持つコエンザイムQ10を作り出すことができます。毎日のように摂る必要があるコエンザイムQ10は、出来るだけ自然に近いものが良いと考えられています。
酵母は、ビールやワイン、パン、味噌などの私たちが日常的に摂っている食品や酒類を作る微生物です。体内に入るものですから安全性に問題はなく安心して摂ることができます。発酵法は全て天然由来の成分であり、副作用のリスクが低いのがメリットです。

純度が高く高品質

詳しい情報(クリック)

非常に高品質なコエンザイムQ10を作ることができるのも発酵法の魅力です。酵母を発酵させ菌体内で培養したコエンザイムQ10は抽出され、精製工程によって不純度が取り除かれ純度を高めていきます。
その後、結晶化させることでさらに純度を高めて、乾燥工程を経て製品化されます。このようにして作られたコエンザイムQ10は、化学的に合成されたものよりも混じり気がなく高品質です。有効成分が凝縮されているため、体内で利用できる量が多く効率的です。

発酵法のデメリット

発酵法によるコエンザイムQ10の製造には高度な技術が必要です。これは酵母の発酵をコントロールし、本来なら長い時間かけて蓄積されるコエンザイムQ10を短時間で培養するためです。
さらに酵母からコエンザイムQ10を抽出した後に行う精製にも高い技術が求められます。そのため比較的容易に作ることができる合成法と比べて製造にはコストがかかります。サプリメントの価格が高くなり、あまりお財布に優しくないのがデメリットです。

合成法で作られるコエンザイムQ10

タバコ由来の成分から合成するコエンザイムQ10

合成法は化学的にコエンザイムQ10を作り出す製法です。コエンザイムQ10はキノン構造と呼ばれる核と、イソプレンというユニットによって構成されています。
このイソプレンを10個持つことからコエンザイムQ10と呼ばれています。ですからイソプレンを追加していくことで、化学的にコエンザイムQ10を作り出すことが可能です。
ところがこのイソプレンは特異な構造をしており、一つ一つイソプレンを追加していくのは大変に難しく手間がかかりました。

そこで今日ではタバコ由来の原料からコエンザイムQ10を作り出す方法が採用されています。実はタバコにはイソプレンを9個持つソラネソールという物質が多量に含まれています。このソラネソールからは少ない工程でコエンザイムQ10を作り出すことができます。

合成法のメリット

価格を低く抑えられる

詳しい情報(クリック)

比較的容易にコエンザイムQ10を作ることができる合成法は、製造コストが低く抑えられるため量産化しやすく、大量の商品を市場に供給することができます。
そのため発酵法よりも先に普及しました。今日では日本、中国、アメリカなど世界中で採用されている製法です。低コストで製造できるため、サプリメントの価格を低く抑えることができるのがメリットです。
コエンザイムQ10は毎日摂り続けなければ十分な効果が期待できません。合成法のコエンザイムQ10はコストパフォーマンスが高く、経済的負担が軽く続けやすいのが魅力です。

品質が良く安定している

詳しい情報(クリック)

合成法は人工的にコエンザイムQ10を作り出しているため、品質が良くないと思われている方もいるでしょう。しかし、品質の面での不安はありません。
日本の原料製造メーカーではビタミンの製造で培った技術を発展させてコエンザイムQ10の合成法を確立させました。古くは1935年に小麦胚芽からビタミンB6が発見され、製造法が確立されたことにはじまります。
その後、1960年代にはビタミンEとビタミンKの製造が開始されます。コエンザイムQ10はこれらのビタミン製造技術の延長線上にあり、品質が良く安定しています。
液体抽出や真空蒸発を組み合わせて純度を高める工程によって、合成法であっても不純物の少ないコエンザイムQ10を作り出すことができます。

合成法のデメリット

発酵法よりも純度が低い

詳しい情報(クリック)

合成法のデメリットは発酵法と比べて純度が低い点です。もちろん製品化に問題がない程度の純度はありますが、化学的に合成しているため高純度化には限界があります。そのため発酵法よりも体内で利用できる量が少なくなります。

自然界に存在するコエンザイムQ10とは構造が違う

詳しい情報(クリック)

自然界に存在するコエンザイムQ10と構造が異なる点もデメリットです。合成法はタバコを原料としているため天然由来の成分を含んでいますが、一方で化学的な工程を経て作り出しています。
そのため人間の体内や肉や魚などの食品に含まれるコエンザイムQ10と全く同じ構造にはならないのです。構造が違うコエンザイムQ10を摂ることで体にどのような影響を及ぼすのか、いまだにはっきりとした答えは見つかっていません。
それでも化学的に合成されたコエンザイムQ10は、発酵法によって作り出されたコエンザイムQ10よりも副作用のリスクが高いという指摘があります。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事