ドリンクのコエンザイムQ10の特徴

ジュース感覚で気軽に飲めるドリンクタイプ

体の疲れを取り美容効果も期待できるコエンザイムQ10は、サプリメントから気軽に摂れる健康成分として人気があります。
サプリメントにはさまざまな形状があります。その中でもビンなどの容器に入ったドリンクタイプのコエンザイムQ10は、ジュース感覚でゴクゴク飲むことができます。
またコエンザイムQ10と相性の良いコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が配合されているのも特徴です。とにかく気軽にコエンザイムQ10を摂りたい方は、ドリンクタイプを選ぶと良いでしょう。

ドリンクタイプのコエンザイムQ10の特徴

とにかく飲みやすい

ドリンクタイプのコエンザイムQ10の多くは50~100ml前後の小さなビンに入っています。サプリメントですが清涼飲料水に分類されます。
りんごやレモンといったフルーツの風味を添加したドリンクが多く、すっきりさわやかな味わいで飲みやすいのが特徴です。
そのためジュース感覚でそのままゴクゴク飲むことができます。カロリーも低いためダイエット中の女性でも安心して摂ることができます。

持ち運びしやすい

容器の重さは多少ありますが、小さくて嵩張らず持ち運びしやすいのがメリットです。コエンザイムQ10は1日2~3回摂る必要がありますが、ドリンクタイプならバッグや鞄に入れてどこにでも携帯できます。

水溶性のため吸収性に優れている

コエンザイムQ10は特別な加工を行わない限り、脂に溶ける脂溶性で、脂質の一種です。脂質は胆のうから分泌される胆汁酸で乳化してから吸収する必要があり、吸収されにくい栄養素の一つです。
ドリンクタイプのコエンザイムQ10は製造段階で乳化剤を添加して水に溶かし、水溶性に加工されています。脂溶性のコエンザイムQ10よりも体内での吸収性に優れています。
また胃腸に負担がかからないため空腹時でも摂ることができます。自分の好きな時間に摂ることができるというメリットがあります。

水分が多く純度が低い

ドリンクタイプのコエンザイムQ10は多くの水分を含んでいます。また飲みやすくする目的で甘味料や香料などの添加物が何種類も使われています。そのためどうしても純度が低くなります。

コエンザイムQ10と相性の良い成分が配合されている

ドリンクタイプのコエンザイムQ10には他の成分が複数配合されていることがあります。コエンザイムQ10と相性の良いコラーゲン、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーなどの美容成分を組み合わせたドリンクが多い傾向にあります。
他にも疲労回復を促すアミノ酸、ビタミンやミネラルなどの栄養成分を配合しているドリンクもあります。これらの成分を一緒に摂ることで相乗効果が期待できたり、複数の効果を同時に実感することができます。
自分が得たい効果に合った成分を配合されているドリンクを選びましょう。

密封性が高く長期間保存できる

ドリンクタイプのコエンザイムQ10はビンなどの密封性の高い容器に入っています。そのため開封前であれば常温で長期間保存することができます。また光を通さない色付きの容器を使っているため、酸化を防ぐことができます。
消費期限を気にすることなくまとめ買いできるのがメリットです。ただし、開封したドリンクは雑菌などが混入して繁殖する恐れがあり日持ちしません。開封したら冷蔵庫で保管し、出来るだけ早く飲み切るようにしてください。

ドリンクタイプのコエンザイムQ10はこんな人に適している

ドリンクタイプのコエンザイムQ10はジュース感覚で気軽に飲むことができます。錠剤やカプセルは喉に詰まって飲み込むのが苦手という方に適しています。
いつでもどこでもゴクゴク飲むことができるため、時間がない方や仕事や買い物で日中に外出する方にも適しています。
一方で水分が多く、甘味料や香料などの添加物が多く使われているため、どうしても純度が低くなります。また1回分ずつビンなどの容器に小分けされているため、コストパフォーマンスが良くありません。
あまり費用をかけずにコエンザイムQ10を効率的に摂りたい方は、粉末や顆粒、錠剤やカプセルがお勧めです。

詳しくはこちら:コエンザイムQ10のカプセルの特徴
詳しくはこちら:コエンザイムQ10の錠剤の特徴
詳しくはこちら:コエンザイムQ10の粉末と顆粒の特徴

一緒に配合されている成分と含有量に注意して選ぶ

詳しい情報(クリック)

ドリンクタイプのコエンザイムQ10は、一緒に配合されている成分と含有量に注意して選びましょう。
「美容ドリンク」として販売されている商品は、コラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分が中心です。コエンザイムQ10の含有量はあまり多くありません。
さらにコエンザイムQ10を配合していると謳いながら、含有量が1mg以下とほとんど含まれていないドリンクも存在します。

コエンザイムQ10の含有量がはっきりと書かれていない場合は、パッケージに表示されている原材料名に注目です。
原材料表示はJAS法によって重量順に記載するように決められています。つまりコエンザイムQ10が手前に書かれているほど、他の成分と比較して含有量が多いことになります。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事