猫用のコエンザイムQ10とは

愛猫のアンチエイジングと病気予防にコエンザイムQ10

優れた疲労回復効果や抗酸化作用を持つことで知られるコエンザイムQ10は、人間だけではなく猫の健康維持にも有効です。
最近ではコエンザイムQ10を配合した猫用サプリメントやキャットフードが少しずつ増えています。
肉食動物である猫は運動量が多く、膨大なエネルギーを消費します。そのため人間と比べて早く老化が進行します。
コエンザイムQ10は猫のアンチエイジングと病気予防に最適です。体内のエネルギー産生効率を高めることで、細胞に豊富なエネルギーを供給して健康で若々しい肉体を維持します。
さらに有害な活性酸素を除去することで動脈硬化を予防し、心筋症などの病気を予防します。愛猫が3歳を過ぎたらコエンザイムQ10を摂らせると良いでしょう。

猫用のコエンザイムQ10の効果

アンチエイジング効果で若々しさを保つ

エネルギー産生効率を高める

詳しい情報(クリック)

猫を含めた地球上のあらゆる動物は、ATP(アデノシン三リン酸)という物質をエネルギーにして生命を維持しています。このATPを作り出しているのが細胞の小器官であるミトコンドリアです。
コエンザイムQ10はミトコンドリアの働きを助ける補酵素として存在しています。コエンザイムQ10によってミトコンドリアが活性化されると、エネルギー産生効率が高まりATPの生成が促されます。

関連記事:コエンザイムQ10でエネルギー産生効率を高める

豊富なATPを筋肉や臓器に供給して若々しさを保つ

詳しい情報(クリック)

肉食動物である猫の強靭でしなやかな筋肉と丈夫な臓器を支えるためには、多くのエネルギーが必要です。
コエンザイムQ10によって体内のエネルギー産生効率が高まると、筋肉や臓器を構成する細胞に豊富なエネルギーが供給されます。
その影響で細胞分裂が活発になり新陳代謝が促されます。アンチエイジング効果が期待でき、若々しく元気な肉体を維持することができます。

関連記事:コエンザイムQ10のアンチエイジング効果

疲労回復を促す

詳しい情報(クリック)

運動量が多い猫は肉体にかかる負担が小さくありません。コエンザイムQ10によって体内のエネルギー産生効率が高まると、疲労の回復が早くなり疲れが溜まりにくくなります。
猫も人間と同じように歳を重ねるごとに体が疲れやすくなります。10歳を過ぎた老猫は、ほとんど動かず寝ている時間が長くなります。
そんな猫にコエンザイムQ10を摂らせると効果的です。猫が疲れを感じにくくなると、適度な運動をさせることができ健康維持に繋がります。

関連記事:コエンザイムQ10で疲労回復

代謝を高めて肥満を予防する

室内飼いの猫は肥満になりやすい

詳しい情報(クリック)

最近では完全室内飼いが当たり前になったことで、肥満やメタボリックシンドロームになる猫が増えています。猫の肥満は人間と同じように「心臓病」「糖尿病」「高脂血症」などさまざまな病気の原因になります。
外に出る猫と違って室内飼いの猫はどうしても運動不足になりがちです。それにも関わらず食事の量が変わらなければ体重は増える一方です。
そこで遊びや高い家具やキャットタワーへの上り下りなどで適度な運動をさせ、カロリーを消費させて脂肪を燃焼させる必要があります。

ダイエットに効果的なコエンザイムQ10

詳しい情報(クリック)

毎日の食事から摂取する脂質やたんぱく質はエネルギー源であり、猫の丈夫な肉体を維持するために欠かせません。
ところが消費エネルギーよりも摂取したエネルギーが多すぎると、使われずに残った分が体脂肪として蓄積されてしまいます。
コエンザイムQ10は体内のエネルギー産生効率を高めることで、食事から摂った脂質やたんぱく質がエネルギーに変わるのを促してくれます。
それによって基礎代謝(※1)が向上するため、運動によって脂肪が燃焼されやすくなります。このようなことから肥満気味の猫にコエンザイムQ10を摂らせることで、ダイエット効果が期待できます。

(※1)運動を行わず普通に過ごしているだけで消費される、生命活動に最低限必要なエネルギーの代謝。

関連記事:ダイエット効果が期待されているコエンザイムQ10

血管の健康を保つ

活性酸素が動脈硬化を引き起こす

詳しい情報(クリック)

血管は全身の細胞に血液、酸素、栄養分を供給する重要な役目を担っています。猫の強靭な筋肉と丈夫な臓器を維持するためには、血管の健康を保つ必要があります。
ところが動脈硬化が進行すると、血流が悪化して全身に十分な量の血液や栄養分を届けることができなくなります。
血行不良によってさまざまな不調の原因になるほか、猫が罹りやすい「心筋梗塞」や「肥大型心筋症(※2)」のリスクを高めてしまいます。
動脈硬化は血液中の悪玉コレステロールが活性酸素(※3)によって酸化して、「過酸化脂質」に変わることで引き起こされます。

(※2)何らかの原因で心臓の筋肉が厚くなり、心臓機能が低下する病気。血流の悪化によって血栓が作られると、後ろ足が麻痺することもある。
(※3)強い酸化作用を持ち細胞や血管を錆つかせて機能を低下させる。体内に取り込まれた酸素の一部が活性酸素に変わる。

活性酸素を除去するコエンザイムQ10

詳しい情報(クリック)

体内の活性酸素は加齢によって増加していきます。これは年齢を重ねるごとに「抗酸化物質」が減少するためです。
コエンザイムQ10は優れた抗酸化物質であり、体内で増えすぎた活性酸素を除去してくれます。脂質の酸化を抑えて過酸化脂質に変わるのを防いでくれます。
愛猫にコエンザイムQ10のサプリメントを摂らせることで、動脈硬化を予防して血管の健康を保つことができます。

関連記事:コエンザイムQ10の抗酸化作用
関連記事:コエンザイムQ10で動脈硬化を予防する

愛猫にコエンザイムQ10を摂らせる際の注意点

摂らせるのは3歳になってから

人間の場合、体内のコエンザイムQ10は20歳をピークに加齢によって減少していきます。人間の20歳は猫に当てはめると3歳です。
ですから3歳まではコエンザイムQ10が不足することはないと考えられます。そのため3歳未満の猫にコエンザイムQ10を摂らせる必要はありません。
コエンザイムQ10は子どもの体にどのような影響を与えるのか、十分なデータが揃っていないため、子猫には与えないでください。

関連記事:子供はコエンザイムQ10を摂っても良いか

摂らせ過ぎないようにする

コエンザイムQ10は体内で生合成されているため、非常に安全性が高く副作用が少ない成分です。ですが全く副作用の報告がないわけではありません。
人間の場合、過剰摂取によって胃もたれ、吐き気、食欲不振、下痢などの副作用が指摘されています。愛猫に与える際は、サプリメントに書かれている摂取目安量を守り、摂らせ過ぎないようにしてください。

関連記事:コエンザイムQ10が引き起こす食欲不振や嘔吐

愛猫に持病がある場合は獣医に相談する

愛猫に持病がある場合は、念のためコエンザイムQ10を摂らせる前に、動物病院で獣医に相談して適切な指示を得てください。
コエンザイムQ10そのものは安全でも、愛猫に処方されている薬との飲み合わせによっては副作用が引き起こされたり、薬の作用に影響する可能性があります。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事