犬用のコエンザイムQ10とは

愛犬の健康を維持し老化を抑制するコエンザイムQ10

体から疲れや活性酸素を取ってくれるコエンザイムQ10は、人間だけではなく犬の健康維持にも有効です。最近ではコエンザイムQ10を配合した犬用サプリメントやドックフードが少しずつ増えています。
犬の高い運動能力を支えている発達した筋肉と丈夫な臓器を維持するためには、たくさんのエネルギーが必要です。
コエンザイムQ10には体内のエネルギー産生効率を高める働きがあります。筋肉や心臓などの臓器を構成する細胞に豊富なエネルギーを供給します。
さらに優れた抗酸化作用によって有害な活性酸素を取り除き、細胞の老化を防いでくれます。愛犬が3歳を過ぎたらコエンザイムQ10を摂らせると良いでしょう。

犬用のコエンザイムQ10の効果

代謝を活性化して高い運動能力を維持する

エネルギー産生効率を高める

詳しい情報(クリック)

犬を含めた地球上の動物が生きていくためには、細胞の小器官であるミトコンドリアが生成するATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーが不可欠です。
コエンザイムQ10はミトコンドリアの働きを助ける補酵素として存在しています。コエンザイムQ10によってミトコンドリアが活性化されると、エネルギー産生効率が高まりATPの生成が促されます。

関連記事:コエンザイムQ10でエネルギー産生効率を高める

筋肉や心臓にATPを供給して健康を維持する

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10の働きによって全身の細胞でATPの生成が促されると、高い運動能力を支える筋肉や心臓などの臓器に十分な量のATPを供給できるようになります。
豊富なエネルギーを得た細胞は代謝が活性化され元気になります。その結果として、丈夫な筋肉を維持することができ、心臓の機能が強化されることで、激しい運動にも耐えられるようになります。
コエンザイムQ10は活発に活動する犬の健康を維持する重要な役目を担っているのです。

疲労回復を促す

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10によってエネルギー産生効率が高まると、代謝が活性化されます。その影響で疲労の回復が早くなり、疲れが溜まりにくくなります。
毎日のお散歩や遊びでたくさん動き回っても体に負担がかかりにくくなり、活力ある生活を送れるようになります。

関連記事:コエンザイムQ10で疲労回復

代謝を高めて運動能力を維持する

詳しい情報(クリック)

老犬(※1)は成犬と比べて代謝が低く、エネルギー消費量が10~15%程度少なくなります。そのため次第に運動が億劫になり、寝ている時間が長くなります。これでは丈夫で健康な体を維持できません。
コエンザイムQ10によってエネルギー産生効率が高まると、低下していた代謝が向上します。その結果として、愛犬が歳をとっても毎日散歩に出かけるようになり、運動能力の維持に繋がります。
愛犬にいつまでも健康で元気で過ごしてもらうために、コエンザイムQ10を積極的に利用すると良いでしょう。

(※1)高齢期に入った犬のこと。一般的に小型犬と中型犬は10歳、大型犬の8歳から高齢期とされる。この年齢は人間では60歳に当たり、この頃から老化が目立ちはじめる。

関連記事:コエンザイムQ10のアンチエイジング効果

抗酸化作用によって老化を抑制する

細胞を老化させる活性酸素

詳しい情報(クリック)

犬も人間と同じように酸素によって生命を維持しています。ところが体内に取り込んだ酸素の一部は活性酸素に変わってしまいます。
加齢や病気、ストレスなどの影響で犬の体内で活性酸素(※2)が増加すると、細胞を錆つかせ傷つけてしまいます。それによって細胞の機能が低下して新陳代謝が遅くなるため、細胞の老化が進んでしまいます。
犬の体内で活性酸素が増加すると、「関節炎」や「白内障」、「認知症」といった病気のリスクが高まるとされています。

(※2)強い酸化作用を持ち細胞や血管を錆つかせて機能を低下させる。免疫力の向上など良い働きもするため、増えすぎなければ問題はない。

コエンザイムQ10は優れた抗酸化物質

詳しい情報(クリック)

そこで犬の体内では「抗酸化物質」を働かせることで、活性酸素から細胞を守っています。コエンザイムQ10は優れた抗酸化物質であり、体内で増えすぎた活性酸素を除去してくれます。
その結果として、細胞の酸化を防ぐことができ、老化の抑制に繋がります。愛犬が高齢期に入り老化が目立ちはじめる前に、コエンザイムQ10を摂らせると良いでしょう。

関連記事:コエンザイムQ10の抗酸化作用

愛犬にコエンザイムQ10を摂らせる際の注意点

摂らせるのは3歳になってから

人間の体内でコエンザイムQ10は20歳をピークに加齢によって減少していきます。具体的な研究が行われているわけではありませんが、犬の体内でも加齢によって同じように減少すると考えられています。
人間の20歳は犬の3歳にあたります。ですから愛犬が3歳になったらコエンザイムQ10を摂らせると良いでしょう。

なお子どもの体内では十分な量のコエンザイムQ10が蓄えられているため、基本的には不足することはないとされています。
子どもの体にどのような影響を与えるのか、十分なデータが揃っていないため、子犬には与えないでください。

関連記事:子供はコエンザイムQ10を摂っても良いか

摂らせ過ぎないようにする

コエンザイムQ10は安全性の高さが証明されていて、副作用が少ない成分です。とはいえ全く副作用の報告がないわけではありません。
人間の場合、過剰摂取によって胃もたれ、吐き気、食欲不振、下痢などの副作用が指摘されています。1日に与えるコエンザイムQ10の量としては「体重×2~20mg」が推奨されています。
ただしこの量は専門家が推奨する量であり、安全な摂取量についてはっきりとした答えが出ているわけではありません。愛犬に与える際は、サプリメントに書かれている摂取目安量を守り、摂らせ過ぎないようにしてください。

関連記事:コエンザイムQ10が引き起こす食欲不振や嘔吐

愛犬に持病がある場合は獣医に相談する

愛犬に持病がある場合は、念のためコエンザイムQ10を摂らせる前に、動物病院で獣医に相談して適切な指示を得てください。
コエンザイムQ10そのものは安全でも、愛犬に処方されている薬との飲み合わせによっては副作用が引き起こされたり、薬の作用に影響する可能性があります。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事