コエンザイムQ10で肌荒れを防ぐ

気になる肌荒れを未然に防いで美肌と健康を保つ

詳しい情報(クリック)

女性の多くが気にしている肌荒れは、見た目の印象を左右するため早く対処したいものです。健康な肌はキメが整っていて潤いに満ち、ツヤがありなめらかです。
それに対して肌荒れはカサつきや吹き出物などの肌トラブルが表面化した状態です。赤みや痒みを伴うこともあり、掻きむしることでさらに肌がボロボロになってしまいます。
また肌荒れは見た目だけの問題ではありません。肌の変化は健康状態と密接に関係しています。肌荒れを放置することで体調不良や持病の悪化などに繋がることがあります。美肌と健康を保つためには肌が荒れた状態になる前に対処しましょう。

肌荒れの原因

肌荒れの主な原因は「ターンオーバーの乱れ」と「バリア機能の低下」です。

ターンオーバーの乱れ

古い細胞と新しい細胞が入れ替わるターンオーバー

詳しい情報(クリック)

皮膚は外側から順に表皮、真皮、皮下組織によって構成されています。このうち私たちが肌と呼んでいるのは一番外側の表皮です。
このうち表皮はさらに四つの層に分かれており、最も内側にある基底層では細胞分裂が繰り返され新しい細胞が生まれています。基底層で生まれた細胞は、後から生まれてきた細胞によって上へ上へと押し上げられていきます。
そして最後は角質(ケラチン)となって自然に剥がれ落ちます。「ターンオーバー」はこの一連のサイクルのことです。
私たちの肌はターンオーバーを繰り返すことで常に古い細胞と新しい細胞が入れ替わっているのです。健康な20代の人の肌ではこのサイクルを約28日かけて行っています。

加齢によってターンオーバーの周期が遅くなる

詳しい情報(クリック)

ところが年齢を重ねると新陳代謝が低下するため、ターンオーバーの周期が遅くなってしまいます。個人差がありますが、30~40代になると45日程度かかるようになるとされています。
ターンオーバーが乱れることで古い細胞が老廃物として溜まり、肌がゴワついて荒れやすくなります。さらに肌細胞の働きが低下することで吹き出物やニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。
このようなターンオーバーの乱れが起こるのは、疲労や強いストレスのほか、加齢によって体内で増加する活性酸素も要因として挙げられています。

バリア機能の低下

肌を刺激から守るバリア機能

詳しい情報(クリック)

肌は常に外気に晒されているためあらゆる刺激を受けています。そこで表皮の一番外側にある角質層では、バリア機能を働かせることで外的刺激から肌を守っています。
例えば空気が乾燥する冬場は肌から水分が奪われて乾燥しやすくなります。しかし、健康な肌であればバリア機能によって水分が保持されるため乾燥から守ることができます。
さらにバリア機能は花粉などの異物や紫外線、細菌やウイルスから肌を守っています。

バリア機能の低下が引き起こす肌荒れ

詳しい情報(クリック)

ところがコラーゲンなどの保湿成分の減少や活性酸素の増加によって肌のバリア機能が低下すると、外的刺激から肌を守ることができなくなります。
その結果として、肌が十分な水分を保てなくなり、乾燥によってカサつきが目立つようになります。さらに紫外線による刺激や細菌の侵入によって細胞がダメージを受けると、赤みや痒みが引き起こされます。
このような状態になると肌の機能が低下するため、吹き出物やニキビといった肌トラブルに繋がります。

肌荒れを防ぐコエンザイムQ10の働き

血流を整えてターンオーバーの乱れを改善する

表皮に十分な栄養を供給する必要がある

肌荒れを防ぐためにはターンオーバーの乱れを改善する必要があります。そのためには表皮の基底層に十分な栄養を供給することで、新しい細胞が作られるのを促す必要があります。
表皮に必要な栄養を供給しているのは真皮に張り巡らされた毛細血管です。食事から摂取した栄養素は腸で吸収され血流に乗って真皮の毛細血管に運ばれます。

動脈硬化を予防して血流を整える

ところが食事から十分な栄養を摂っていても、動脈硬化によって血流が悪化すると、表皮に十分な栄養を供給することができなくなります。動脈硬化は血液中の悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化することで起こります。

そこで摂りたいのが優れた抗酸化作用を持つコエンザイムQ10です。体内で増えた活性酸素を中和することで悪玉コレステロールの酸化を防いで、動脈硬化を予防してくれます。
その結果として、血流が整えられて表皮に十分な栄養を供給できるようになり、ターンオーバーの乱れが改善され、肌荒れの予防に繋がります。

自律神経を整えて肌荒れを防ぐ

自律神経が乱れると肌荒れが引き起こされる

私たちの体は脳が出した指令を自律神経によって全身の器官に伝えています。自律神経には活発に活動するときに優位になる交感神経と、リラックスした状態で優位になる副交感神経があります。
この二つの自律神経を交互に切り替えることでさまざまな生理作用をコントロールしています。

ところが自律神経の乱れによって交感神経の働きが強くなりすぎると、血管が収縮して肌に十分な量の栄養を供給することができなくなります。その結果として、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下が引き起こされます。
また、女性ホルモンであるエストロゲンが減少してホルモンバランスが乱れると、自律神経が乱れやすくなり肌荒れが引き起こされます。

自律神経を整えるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10には神経細胞に働きかけることで、自律神経の乱れを整える働きが期待できます。血管の収縮が抑えられ肌に十分な栄養が供給されることで、肌荒れの予防に繋がります。
また女性は一般的に40代後半から更年期障害を発症しやすくなりますが、自律神経を整えることで肌荒れを防ぐことができます。

コラーゲンの分解を抑制して肌荒れを防ぐ

紫外線によるコラーゲンの分解

肌が強い紫外線を浴びると体内で活性酸素が作られます。その影響でコラーゲンを分解する酵素である「コラゲナーゼ」が活発になり、コラーゲンを分解してしまうことが分かっています。
肌の潤いと弾力を保つコラーゲンの分解が進むと、水分を十分に保つことができなくなり、バリア機能が低下してカサつきが目立つようになります。
強い紫外線を日常的に浴び続けると肌がボロボロになるのは、活性酸素によってコラーゲンが破壊されて肌の老化が進んだ結果です。

コラーゲンの分解を抑制するコエンザイムQ10

コエンザイムQ10には紫外線によって発生した活性酸素を中和する働きがあります。表皮の一番外側にある角化細胞の酸化を防ぐことで、コラゲナーセの働きを抑制し、コラーゲンの分解を防いでくれます。
コラーゲンの減少が抑制されることで、バリア機能が正常に保たれ、肌荒れの予防に繋がります。

コエンザイムQ10と一緒に摂りたいビタミンC

肌荒れを防ぐためにコエンザイムQ10と一緒に摂りたいのが「ビタミンC」です。どちらの成分も優れた抗酸化作用を持つことから非常に相性の良い組み合わせです。
さらにビタミンCはコラーゲンの原料となるヒドロキシプロリンを作る重要な働きがあります。つまりコラーゲンの生成を促すことができるのです。
コエンザイムQ10にもコラーゲンの生成を促す働きが期待されていますから、一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。
ビタミンCは体内で生合成することができないため、食事やサプリメントから摂る必要があります。オレンジやレモンなどの柑橘類、トマト、ほうれんそうなどビタミンCを多く含む食品を積極的に摂ると良いでしょう。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事