コエンザイムQ10の錠剤の特徴

数粒を水と一緒に一口で飲むことができる錠剤

体の疲れを取り老化予防にも良いコエンザイムQ10は、サプリメントから気軽に摂れる健康成分として人気があります。
サプリメントにはさまざまな形状があります。その中でも錠剤(タブレット)は1日数粒を水と一緒に一口で飲むことができます。
粉末や顆粒のように1回分ずつスプーンで計る必要がありません。仕事や家事で忙しくて時間がないという方は錠剤を選ぶと良いでしょう。

錠剤のコエンザイムQ10の特徴

錠剤は粉末のコエンザイムQ10を結合剤で固め、まとまりを良くするために少しの水分を加えて練ってから成型し、専用の機械で圧縮しています。

数粒を水と一緒に一口で飲むことができる

錠剤のコエンザイムQ10は、1日数粒(多くは1~2粒)を水またはぬるま湯と一緒に一口で飲むことができます。粉末や顆粒のようにスプーンを使って計量する必要がなく、袋や容器から取り出してサッと摂ることができます。
また、圧縮されているため粒が小さく、カプセルより飲み込みやすいというメリットもあります。どうしても飲み込むのが苦手という方は、砕いてから飲んでも構いません。

表面がコーティングされているため味や臭いを感じにくい

錠剤は表面をコーティングしています。口の中で表面が溶けずにそのまま胃を通過し、成分が吸収される小腸で完全に溶けるように作られています。
そのためサプリメント独特の嫌な味や臭いを感じにくいというメリットがあります。とはいえコエンザイムQ10そのものはほとんど無味無臭でクセがありません。
ですが一緒に加えている化合物や添加物の味や臭いが気になることがあります。錠剤は味や臭いに敏感な方であっても、不快な思いをすることなく摂ることができます。

軽くて持ち運びしやすい

粉末を結合剤で固めたうえで圧縮して作られる錠剤のコエンザイムQ10は、軽くて嵩張らず持ち運びしやすいのがメリットです。
コエンザイムQ10は1日2~3回食後に摂ることが推奨されています。持ち運びしにくいサプリメントでは、ついつい外出先に持って行くのが面倒に感じてしまいます。
錠剤なら袋や容器をそのままバックや鞄に入れて外出先に携帯することができます。

常温で長期間保存できる

錠剤のコエンザイムQ10は保存性に優れています。乾燥しているため常温で長期間保存することができます。
また保存料を使う必要がないため、使う添加物の種類を少なくできるのもメリットです。添加物は不純物でもあるため量が多いと成分の作用にも影響を与えます。
もちろん健康にも良いとは言えません。添加物が少ない錠剤なら安心して摂ることができます。

粉末よりも純度が低い

粉末を錠剤に加工するためには、固めるための結合剤や体内で早く溶かすための崩壊剤などの化合物を何種類も加える必要があります。
このため自然な状態で摂取することができず、粉末のコエンザイムQ10よりもやや純度が低くなることがあります。
もちろんコエンザイムQ10は製造段階で、精製、結晶化、乾燥などの工程によって余計な不純物を取り除き、純度を高めています。
錠剤にすることで純度が少しだけ低くなったとしても、作用に大きな違いはありません。

錠剤のコエンザイムQ10はこんな人に適している

錠剤は飲み込むのが苦手でなければ、どんな人にも適しています。粉末や顆粒のように1回分ずつスプーンで計る必要がないため、仕事や家事で忙しく時間のない方に適しています。
軽くて嵩張らないためバックや鞄に入れて携帯することができます。仕事や買い物などで日中に家を空ける方に適しています。
一方で気管支が細く喉が詰まりやすい方は、飲み込むのに苦労することがあり違和感を伴うためお勧めできません。

保存方法に注意が必要

コエンザイムQ10は不安定な成分であり、熱や光の影響を受けやすいという弱点があります。特に光に当たるとすぐに酸化してしまいます。
酸化が進んだコエンザイムQ10は効果が大幅に低下します。さらに熱を加えることで成分が変性し、著しく劣化してしまいます。コエンザイムQ10の保存方法に注意しましょう。

詳しくはこちら>>コエンザイムQ10の保存方法

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事